墓石・建築物などの石材に歴史に磨かれた国産銘石「庵治石」
庵治石について
庵治石の特徴
庵治石の石質
庵治石の歴史
庵治石 銘石の所以
庵治石 匠の技
庵治石の特性
お客様の声
庵治石 動画のご紹介
庵治石:『牟礼・庵治 石工の技』
動画『牟礼・庵治 石工の技』(24分3秒)がご覧になれます。以下のボタンをクリックして下さい。
庵治石 56kでご覧の方 庵治石 256kでご覧の方
動画をご覧になるには
Flash Player 7が必要です。
Flash Player 7をダウンロード
庵治石の風景
庵治石 匠の技

庵治石の歴史と伝統に育まれた匠の技
庵治石は、同じ山から採られる細目でも石目の違いがあり、それらを揃えるのに職人の熟練された「目」が必要とされます。
石目模様を揃える、傷、かさねの排除など、1つの美しい製品を完成させるためには、かなり難しい、綿密な工程が必要となり、匠の技がなければ製品を完成させることはできないでしょう。

庵治石の心をこめた職人の加工技術
庵治石 宝塔加工
画像は、建立から少し時間の経った宝塔の下、請花、反花部分です。
通常の形とは少し違う物で、ハンドポリッシャーが使える部分があまりありません。又、尖った部分は少し荒削りし過ぎると形がすぐに変わってしまう為、大変難しい加工です。
庵治石 宝塔画像
庵治石 額縁加工
額縁加工は、機械磨きの平面を一段下げて掘り込む為、手磨き部分と機械磨き部分の差がはっきり出ます。
画像では、わざと外の景色を写し込んで手磨き部分の平坦度、艶の様子が分かる様にしてあります。
一段下げた部分も、ある程度機械研磨で削り込みますが、それにも限界が有り、残った部分の手磨きとの段差が艶の歪みとなって見えてしまいます。
庵治石 額縁画像
庵治石 銀杏面加工
この加工は木工に多く見られます。石塔にもあまり多くはないですが、見られるようになりました。銀杏面もよく見ると二つのタイプが有るようです。
一つは、角だけ少し丸めて段を付けたもの。もう一つは、角からRを綺麗に削り込み円柱の様に見えるもの。後者は角の部分が、制作するのも研磨をするのも難易度が高い加工です。
庵治石 銀杏面画像
蓮華加工
二枚花上蓮華加工の画像です。花びらは比較的ハンドポリッシャーが当るのですが、花びらと花びらの接点部分は際立って決めるのは難しく、艶も出にくい所です。
花びらの間に小さなパーツが有りますが、その部分は棒状砥石やリューターを使用して丁寧に磨き上げます。
庵治石 蓮華画像
庵治石 亀腹加工
段付き亀腹加工の画像です。亀腹部分が独特な曲線を描いている為、その形を変えることなく、又歪みも少なく均一に艶を出すのは難しく、カスレが残りやすい加工部分です。
段の部分も平面を機械磨きのように磨くのは難しく、特に突き当たりの隅の部分は直角も出にくいし砥石の当りにくい部分ですす。
庵治石 亀腹画像
庵治石 反花加工
反花加工は、一番外の平の部分から立ち上がる面の角、この部分が一番のポイントです。
この部分の加工があまいと全体がだらしなく見え、又鋭く角を決めてしまうと非常に磨きにくくなります。
又、玉の部分と花びらとの接点も磨きにくい所です。くっきりと筋が付くように磨くのがポイントです。どれも形を崩さないように磨くのは難しい作業です。
庵治石 反花画像
庵治石 香炉
香炉の加工には沢山の曲面が有り、職人の腕の見せ所ですが、以外にも平面の方が難しい場合があります。
平面と平面の接点などは、なかなかきっちりと決めるのは難しく、道具自体の角が丸くなっているといくら頑張っても接点は決まりません。角が綺麗に磨けていると、大変すっきり見えます。
庵治石 香炉画像
庵治石 すじ蓮華
通常の蓮華の花びらと違い、一枚の花びらに数本の筋が有ります。この筋が花びらの先端に向かって集まっているのですが、そこをきっちり磨くのは大変根気と集中力がいる作業です。 庵治石 すじ蓮華
庵治石 研磨技術
庵治石 機械研磨加工
機械研磨の工程においては大事な役割があり、切削工程においてどうしても見つける事の出来なかったキズ、カサネの発見があります。 庵治石 機械研磨加工
庵治石 手磨き加工
花立の二重口や蓮華加工には、棒状の砥石やリューターを使用して隅々まで丁寧に艶を出していきます。
平面はあくまで平らに、曲面は形を崩すことなく・・が、手磨きの基本です。
庵治石 手磨き加工
ページのトップへ
   
石材業者様・販売店様サイト参加について お問合わせ資料請求はこちらから
©  Shuretec Corporation. All Rights Reserved. サイト運営について